読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Refrain

リーマンブロガー大宮の勝手たる記事

【スーパーファミコン】一度はプレイすべき名作スーファミソフト31選!!RPG編

この記事をシェアする

【スポンサード リンク】

絶対オススメ名作スーファミソフト【RPG編】

f:id:oh-miyatakuya:20170212113211j:plain

出典:スーパーファミコン

 

今は昔、かつてスーパーファミコンという大層な名器があったそうな。

 

僕がスーパーファミコンを嗜んでいたのは小学四年生頃から中学一年生まで頃ですが(その後はPS)、子供だからという理屈を抜いてもスーパーファミコン程愛したゲーム機器は無いと思う程熱狂した物です。

 

2017年現在はスマホゲームVRを用いたゲーム等が主流であり、当時からは想像する事すら出来ないようなテクノロジーの進化があるわけですが、正直ユーザーがどれだけ今のゲームに満足しているかという部分だけで考えると、僕個人的には大人も子供も昔のハード機器の方が、圧倒的に満足度が高くゲームに没入していたのではないかと思います。

 

よく昔のゲームタイトルを現在のハードでリメイクすることがございますが、やはり、現在のハードでゲームをすると、どうしても単純に古臭く感じてしまい、かつて感じていた熱い情熱はあまり沸き上がってこないのです。

 

やはり、昔のハードありきの感情なのではないかと思います。

 

例えば最近、「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピューターというものが発売されましたが、これは現在の子供をターゲットとした商品ではなく、30代〜40代のかつてファミコン全盛期を幼少期に夢中になった層を狙った販売戦略なのかと僕は思っており、これこそ上記の「かつて感じた熱い情熱」を取り戻させようとする良い商品だと思いました。

 

さて、前置きが長くなりましたが、今回は僕がかつて熱くなったスーパーファミコンの名作タイトルをRPGというジャンルに絞ってご紹介させて頂きます。

なぜRPGだけかというと、僕個人的にRPGが一番好きだったと言う事と、それ以外も含めると紹介しきれない(書ききれない)という恐怖からRPGだけに絞らさせて頂きました。

 

なお、個人的なオススメということであるので数は多いですがランキング形式にはいたしません。てか僕なんかがランクつけるのは失礼に値すると思いますから、スーファミさんに。

 

あー、飲みながらポテチ小脇にスーファミやりてぇ〜!

 

 

…失礼しました。

 

それでは…あの頃の貴方に戻って、たんとご堪能くださいませ。

 

ラインナップ31選 お好きなところどうぞ

※なお、紹介する商品リンクには現在スーファミ版は取り扱いが無い場合もございますので、リメイク版ソフト媒体での商品の場合もございますので予めご了承ください。

 

MOTHER2 ギーグの逆襲

皆さま「大人も子供もお姉さんも…」と言ったキャッチフレーズに聞き覚えがあるかと思います。未だにプレイしているファンも多いとのことですね、でもその気持ちわかります

ファミコン版「MOTHER」はやったことなくても2をプレイした方は多いのではないでしょうか。たしか致命的ダメージ食らってもHPのドラムロールが0になる前に回復すると気絶しないリアルタイムな仕様でバトルに気が抜けなかったのを体が記憶していますね。

 

ブレスオブファイア 竜の戦士

当時はカプコン初のRPGで後々2017年現在までシリーズ化されているブレスオブファイアシリーズの初代です。主人公の「リュウ」が竜に変身(まんま)するとメチャ強くなって胸熱。ストーリーも笑いあり涙ありでかなり面白かったことを記憶しています。

てかボスのHPがカンナで削るくらいずつしか減っていかないような鬼仕様だった気がします。あれレベ上げが甘かったからだっけなぁ?

 

川のぬし釣り2

ほのぼのとしたBGMと雰囲気で癒されるこの作品。「釣りって…RPGじゃないやん」と思った子はいるかな?

若いのぉ…若すぎますぜ。これ本格RPGですわ。釣好きの一家がぬしを探す旅に出るんですから、しかも途中でスズメバチや熊と戦っちゃうんだぜ。4歳の幼女がよ、拳で力いっぱいブン殴るんだわ。すごいゲームだろ?

ちなみにこの「川のぬし釣り2」はぬし釣りシリーズ最高傑作と誉れの高い作品のようです。まじか。

 

大貝獣物語

f:id:oh-miyatakuya:20170212123837j:plain

出典:ゲームカタログ@Wiki ~クソゲーから名作まで~ - 大貝獣物語

ファミコン版「貝獣物語」の続編ではあるが関連性はほぼ皆無。王道RPGでしたね。

てか仲間すけっとキャラの能力値に差があり杉ィ! 偏ってしまうよ!!

まぁ、そんなアンバランスさも含めて昔のゲームって面白かったんだけどね。

 

真・女神転生if...

アトラスの大ヒットシリーズ「女神転生」(メガテン)がとうとう学園モノになった!そんな作品。相変わらずの3D視点だが、今までの暗く宗教染みた感じが薄れ、今までの女神転生よりも遊びやすくなった為、どちらかというとここからペルソナに繋がっていく感じです!

ていうかね、その前の作品は小学生の時分の僕にはあまりにも敷居が高く「これは大人用のソフトやな、うん。」とさじを投げていましたとさ。

 

ラストバイブルⅢ

 ゲームボーイで発売されていた「ラストバイブル」がスーファミにキタ!これぞ女神転生シリーズの低年齢層Verです。戦闘で魔獣が話しかけてきて切れられたり、魔獣合成させたりして強いナカマ作ったり、たのしーよー。普通の王道RPG仕様なので女神転生と比べてものすごい遊びやすいです、今でも(笑)

 

第3次スーパーロボット大戦

f:id:oh-miyatakuya:20170212125536j:plain

こちらもバンプレストの大ヒットシリーズ「スーパーロボット大戦」の超出世作品!なんといってもゲームバランスがいいんですよね!2次はやったことが無いですが、画面を見る限りグラフィックの向上や音楽が抜群に良くなったのではないかと思います。

まぁ、僕はガンダムもといロボットはSD派だったのでやったらハマったという感じでしたね。

ちなみにこれ厳密にはシュミレーションRPGなんだけど、まぁいいっしょ!押忍!

 

ヒーロー戦記 プロジェクト オリュンポス

 こっちの作品はちゃんとRPGだぜ(笑)これもSDサイズのバンプレストお馴染みのヒーロー達が、ガンダム大陸、ライダー大陸、ウルトラ大陸それぞれのルートからシナリオを進め、最終的に合流し敵の本拠地をブッ叩くゲームでしたね。なんかこれもゲームバランス良くて遊びやすかったなぁ。

 

ファイナルファンタジーⅣ

僕が初めてプレイしたFFシリーズですよ、それまではファミコン版でしたからね。コイツに関しては今更語るのも野暮ってもんですよね。ご存知の通りの面白さですよ。

一つだけ語らさせてもらえば(語るんかい)この作品から後世までつづくアクティブタイムバトルが採用されましたね。これは画期的だったなぁ~。

 

ファイナルファンタジーⅤ

いちいち書くよ。FF4~6とかまとめたりはしないぜ(考えてはいた)!だってこの記事は名作って書いてあるわけだしね。例えばこのⅤがクソゲーだったとしたらココには載せていない訳ですよ。そんなわけで、ジョブチェンジシステムね、マジハマりすぎた。

最強ジョブチームは何かと問われればすべてのジョブマスターしたすっぴんなんだけどさ、あの、さ見た目がね、すっぴんだから、だめ~(笑)

やっぱり「侍・魔法剣士・ネクロマンサー・剣闘士」でしょ(重戦士固め)

回復はアイテムのみでおけってことw

 

ファイナルファンタジーⅥ

そんなこんなでⅥなんだけどさ、ヤバいわけよこのⅥが。ってみんな知ってるか。

まず当時のグラフィックからすると恐ろしいほど練り込まれたドット。全体的な世界は機会文明+自然界+幻獣界からの世界崩壊、そして大団円。すごくね?

特に世界崩壊後は今までの世界観から絶望に打ちひしがれる状況になるんだけど、それでも希望を捨てないおまえらに涙がとまらねぇっつーんだよ!くそう!

 

ドラゴンクエスト5 天空の花嫁

次はドラクエですよ(笑)FFとの永遠のライバルって言えばドラクエな訳ですが、僕はスーファミ以降実はやってないんですよ。なぜかって…?超えないからだよ。

まさかいないと思うけど、このⅤさ、名作杉じゃない?お馴染みのビアンカorフローラの結婚前夜のとこさ、俺だけじゃないと思うんだよね~、

 

悩み過ぎて夜が明けちゃった奴(笑)

 

だってよ、これ小学生にはあまりにも難題杉だろーが。シモに毛も生えそろう前から生涯の番いについて考えさせるなやって話ですけど、ホント半端ないストーリーでガツリとやられちゃいました。

 

ドラゴンクエスト6 幻の大地

正直な話し、僕的にはⅤより劣るんですけど、当然おもしろかったですよね。

ひっさわざ覚えると戦闘がグンと楽になった記憶があります。

まぁ、ハッサンですね。めさ強いす。

 

ガイア幻想紀

すいやせん、これ厳密にはアクションRPGです。まぁゼルダとか聖剣伝説みたいな感じですわ。実はこれエニックスのゲーム。謎解き要素満載ですっごい面白い。フィールドはピラミッドとか万里の長城が出てくるので恐らく我々と同じ「宇宙船地球号」が舞台でしょうな。うんうん。

 

摩訶摩訶

やばいんすよこのゲーム。知ってる人は知ってると思いますが半端ないバグ連なんですよ(笑)ぶっちゃけこれがなきゃそこそこ面白いと思うんですよね!前世を知り変身かまして敵を倒す。しかし致命的バグが多すぎてストーリーが先に進まないんですわ!

階段昇ったら次の瞬間タイトルに飛ぶってどういうこっちゃ(笑)

今だったら120%リコールになるこの作品、当時の開発元であるシグマ商事はこの件に関して「仕様」と言い張ったらしい。それも含めて半端ねぇぇえ!!

 

SDガンダム外伝 ナイトガンダム物語 大いなる遺産

f:id:oh-miyatakuya:20170212135202g:plain

出典:SDガンダム外伝 ナイトガンダム物語 大いなる遺産

先程も申したが僕はガンダムはSD派なわけです。当然これもやるわな。

そしてこのゲーム、一番ハマったのはゲーム内カードダスです。これも俺だけじゃないっしょ(笑)でもレベル髙いカード引いても己のレベルが伴ってないと使えないんだよね~、そこんとこ厳し-。

 

SDガンダム外伝2 円卓の騎士

これウケたのはフィールドやダンジョンでは何もしてなくても敵が出るんですよね。

いわゆるランダムカウント方式らしいです。

あと経験値が無くて仲間が増えるとレベルが上がるっていうシステムでした。

序盤に強い武器が何故か作れて無双ってパターンもありましたがそれってつまんなくね?と思わせて意外と面白いんすよーwやっぱりチートはいいねww

 

半熟英雄

こちらもファミコンで前作が出ていたらしいけど、僕はこれしかやったことないです。基本的には普通のRPGなんだけど、雰囲気がパロディ調で明るいです。今プレイしたらお寒いギャグかもしれませんが、小学生当時の純粋な僕はケタケタと笑って楽しんでいたのを覚えてます。

 

ふう…あのころは良かったぜ。

ロマンシング・サガ

僕の中ではこのロマサガシリーズがスーファミ史上最強のビッグタイトルとなりました。その意見には同意見の方も多いのではないでしょうか?ロマサガに関しちゃ1,2,3とどんどん面白くなっていきましたね。

てか、アイスソード…わかりますよね。「殺してでもうばいとる」ってどんだけ物騒なんだよ…。

 

今だったら絶対審査通らないから(笑)

 

ロマンシング・サガ2

フリーシナリオシンボルエンカウント閃き・そして王位継承システム

なんて素晴らしいゲーム性なのだろうか。難易度は若干高めに評価されているが当時の小学生は「そんなの関係ねぇ、フリーファイター極めるだけよ」バリにガツガツ攻略に勤しみ、最終皇帝まで全力で駆け上がったもんでした。

 

ロマンシング・サガ3

FFⅥでも思ったが、ロマサガ3のグラフィックはマジ美麗。 フリーシナリオはそのままにキャラ選択制。まずはハリード推しの僕でしたが、今作一番時間を費やしたの…

 

そう、マスコンバットよ。

たまんね~面白悔しかった!!

 

ん?「破壊するもの」←ラスボス

 

まぁ…ハナクソ?かな。

 

クロノ・トリガー

f:id:oh-miyatakuya:20170212141032j:plain

 出典:ゲームカタログ@Wiki ~クソゲーから名作まで~ - クロノ・トリガー

正直期待して購入したんじゃないんだ。Vジャンプがなんか鳥山先生がキャラデザだったからかかなり気合の入った一推しかましてたから買ってもらったのよママに。

そしたら時空をビュンビュン飛まわる羽目になっちゃってねぇ。カエルに涙したり、魔王がナカーマになったりさ、とんでもねー作品だったというわけだ。

そ、みなさん一度はプレイしないと人生損してるからね!

ケータイでも今はできるからさ!!やってみ!!

 

聖剣伝説2

ったくよ、スクウェアさんは一体どんだけ名作生み出してるんだよ。

ゲーム界の手塚治虫先生か!ってーの!!←うまいこと言った?

てことで、聖剣伝説なんだけど世界観がもうファンタジー感満載で没入しちゃうわけよ。

でもね、没入してると罠があってこの2はバグが多くてな。うん。

 

「よし!ボス倒したぜ!!…ん?ボス倒したら何かイベント起きるだろ普通…?…ま、まさか!?ちきしょう!!!出口がねぇよクソッタレぇぇぇえ!!!

 

てことがあったとさ。

まぁ…そうやって大人になるんだけどねぇ。←違う。

聖剣伝説3

えーと、バグが無くなって絵が綺麗になって面白くなりました。おわり。

 

タクティクスオウガ

こちらはシュミレーションRPG史上最高傑作とも言われているゲームである。

たしかに、練り込まれた戦略性や起伏のあるバトルフィールドやストーリーの意外性など総合的に抜群であったと真面目に僕も思います。

 

が、後に発売される「FFタクティクス」の方が僕好きでした。

 

すいません。

 

テイルズ オブ ファンタジア

こちらも後に続くテイルズシリーズの最初の作品ですね。

コミカルに動く横型バトルシーンが斬新でした!今はスマホゲームで当たり前ですけどね。 

でも石化がね~、石化。多いんだよ石化全滅が。

そこ、注意してね。

 

トルネコの大冒険 不思議のダンジョン

ま、『知らない人はいないでしょうが。ローグライクの神様みたいなもんよ。トルネコさんは。鍛えに鍛えた「はぐれメタルの剣+80」が極限攻めすぎて空腹でポシャった時が僕のトルネコさんからの卒業でした…。

 

不思議のダンジョン2 風来のシレン

シレンってなんや(笑)?トルネコからシレンって知らんで?でもまぁ、チュンソフトやしな。エニクスじゃないからな。

ようはトルネコの和バージョンですね。

 

よぉー!しゃしゃしゃん!しゃしゃしゃん!しゃしゃしゃんしゃん!!はっ!!

 

ライブ・ア・ライブ

スーファミRPG界のダークホースである本作品。異なる7つの世界シナリオを自由にプレイし最終章で一つに繋がる物語は秀逸そのもの。このゲームならリメイクしてスマホアプリでやりたいと本気で思えるゲームです。

まぁ、なんかキャラデザの版権問題とかで難しいみたいなんですけどね。

あ~、懐かしい。

 

ルドラの秘宝

f:id:oh-miyatakuya:20170212165507j:plain

出典:ルドラの秘宝 | Wii U | 任天堂

暇つぶしで購入したらメチャクチャ面白かった。だって魔法(言霊)の名前を自分で決められるんですけど、それで破壊力変わるんですよ。

そーとー恥ずかしい中二病抜群に丸出しの名前付けてましたね(笑)

そんで弱いとか笑えるし泣ける。

友人と一緒にいる時にはプレイできないゲームでした(笑)

 

スーパーマリオRPG

さぁ、こいつで最後だ!!

スーパーマリオRPG!!これは発売元は任天堂だが開発・制作はスクウェアと共同でやったゲームなんだぜ!しかしマリオだからといってあなどっちゃあいけない、エンカウントで敵が出現する本格RPGです。サウンドもストーリーもただのコミカライズなマリオじゃない。

 

ちなみにこのゲームには思い出がある。

 

僕の弟がまだ小さくておこずかい足りない、でも「どうしてもやりたいから兄ちゃん半分出してくれないかなぁ…?」と、めずらしくお願いされて買ったゲーム。

 

僕はやる気なかったけど、隣で見てたらかなり本格的だったので弟がギブアップ、結局は僕が全クリするのを隣で弟が見ていたという思い出のゲームでした。

 

まとめ 

おつかれさまでした、僕(笑)

どうでしたか、少年時代に夢中になって遊んだソフトはございましたでしょうか?

 

もし今回紹介したソフトの中に、1本でも我武者羅になって遊んだことのあるソフトがある方でしたら、恐らく僕とマブダチになっていたと思います。 

 

しかしこの記事はホント疲れたなぁ…。

RPGだけに留めておいて本当に良かったッス(汗)

今後気が向いたりリクエストが多ければアクション編も書いていこうと思います。

 

てか任天堂さん!「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」も販売くださいな!

 

それではこの辺で、おしまい。

 

★こんな記事も書いてるよ★

www.ohmiya-takuya.com