Refrain

リーマンブロガー大宮の勝手たる記事

マタニティマークは危険なんかじゃない!妊婦はつらいよ…。

この記事をシェアする

【スポンサード リンク】

スマホ見てないで前を見て!マタニティマークを見逃すな。

f:id:oh-miyatakuya:20161111193600j:plain

出典:マタニティマークについて |厚生労働省

 

子供達は世界の宝だ。

その子供を産み落とす母親は神様だ。

 

皆さん、マタニティマークというものをご存知でいらっしゃいますか?

僕は自分のカミさんが妊娠するまでその存在を知りませんでした。なんと恥ずかしいことかと自分自身を戒めた記憶がございます。

 

ですが、もしかすると意外と僕と同じような方は多いのかもしれないですね。

 

 

何故そう思ったかというと、先日こんな出来事があったからです。

 

通勤中の出来事

いつものように電車に乗って出勤していたのですが、僕は通勤時間帯は座ることはまず難しい路線に乗っております。

 

その日はたまたま僕の立っていたトイメンの座席の方が、なんと珍しく乗車した次の駅で降りたので半年ぶりくらいに席に座らせて頂きました。

 

その後何駅か進んだ頃に、少し大きなターミナル駅にて、ドッと多くの方が乗車してきたのですが、僕の前のさらに奥に立っている女性の鞄にマタニティマークが付いていたのが見えたのです...。

 

‟あ、妊婦さんだ…。”

 

先程カミさんが『妊娠するまで...』と書きましたが、その存在を知ってからは意外と良く目にする事が多く、万が一自分が座っていた場合必ず席を譲るようにしておりました。

 

妊婦さんのイメージというと、お腹が大きいから大変そうと思うことが一般化しておりますが、実はそれだけではございません。

妊娠初期には悪阻(つわり)が酷かったり、貧血を起こしやすかったり、お腹が張ったりと、他人からは目に見えない色々な不調を抱えているのものなのです。

これは自分のカミさんが妊娠したから知ったことでありますが、それを知ったのちは、マタニティマークを付けている方には必ず身体に何か不調が起きていると考えるようになりました。

 

話しは戻りますが、その時マタニティマークを付けている女性は、僕の座席からは少し遠い為、席が譲りづらく、目の前の方が‟早く気付いてやれよ”と思っていたのですが、いかんせん全くその気配がありません。

 

その女性の目の前の席に座っている方々の視線はスマホがメインですが、たまに前を向いたりキョロキョロしている方もいるので、‟誰も気が付かないのかな?”と…。

 

席に座っている方は比較的若い男性達と30台位のサラリーマン男性です。

 

そこでピンと思ったのは、

 

"もしかするとマタニティマークを知らんな"

 

ということです。 

 

気がついていて知らんぷりの線は却下で、そのように僕は判断しました。

 

であれば仕方ないことだと思います。

悲しきかな自分にもそういう時代があったので。

 

しかし女性を見ると、なんと具合が悪そうな気配がムンムンではないですか。

 

よし。

 

"ちょっと遠いし満員電車だから他の方からするとKY気味かもしれないけど、声をかけよう。"

 

僕は手を伸ばし方をたたいて声を掛けました。

 

「ちょっとすいません...具合悪そうですね。もしよろしければお座りになって下さい」

 

周辺から「何だ?」と言わんばかりの少し痛い視線。。。

 

しかし、女性は結構辛かったようで、「あぁ…ありがとうございます...」と、人混みを少し掻き分け僕の座っていた席に来られました。

 

ニコリ(゚´ω`゚僕)←イケメン

 

すんなり受け入れてくれて良かった。

 

しかしその直後、、、

 

信じられない言葉を僕は聞きました。

 

 

「は?満員電車でナンパかよ...」

 

 

ん?

 

何?

 

俺のこと?

 

 

 

 

...以上です。

 

まとめ 

いかがですか?

 

これが、僕がマタニティマークが世の中に知られていないのではと思った出来事でした。

 

 

その女性は確かに若く、比較的美人な方だったと思います。

ですが、あの状態で「ナンパかよ」って、思いますかね?

その後、どこの誰が言ったのかもわからないですし、いちいち弁解するのも馬鹿馬鹿しいので、席を譲り静かに立っておりましたが。

 

 

 

めっさむかつくなり。

 

 

皆さん、なるべく電車では周りを見てください。

妊婦さんもマタニティマークは見やすい位置に付けた方がいいです。

こんな話は都市伝説です。そんなわけないだろ。と、思いたい。 

akasugu.fcart.jp

 

生命を宿している女性を、皆で大切にしましょう。

そのお腹には夢と希望と未来がつまってます。

 

おしまい。

 

★こんな記事も書いてるよ★

www.ohmiya-takuya.com

 

www.ohmiya-takuya.com