Refrain

リーマンブロガー大宮の勝手たる記事

尿管結石は激痛。原因とその対処法とは!

この記事をシェアする

【スポンサード リンク】

尿管結石とその対処法。成人男性の10人に1人は経験するから注意!!

f:id:oh-miyatakuya:20161110194121j:plain

尿管結石ってご存じですか?

もしかしたら身近になったことある方いるかもしれませんが、簡単に説明しますと、

 

腎臓で石が生成されてそれが尿管に詰まって...

 

 

超超超超絶...鬼爆ハイパーウルトラ鬼畜畜畜...チャンプルー‼︎‼︎激痛病のことです。

 

 

とにかく、この病気の特徴は痛みLevelが鬼MAXってことなんですね。

 

でも、死にません。

 

ホント、死ぬほど痛いんですけど、死なないっす。

 

だから、病院でもこのツラさがわかってないお医者さんだった場合、結構ないがしろにされる時があります。

 

ちなみに私大宮は人生で4回程この変態的な痛みを伴う病と闘ってきております。

 

病と闘うって言うと、なんだか気の毒な印象を心の優しい方には与えてしまうかもしれませんが...

 

 

マジ気の毒ですわ、自分が。

 

 

はい、ありがとうございます。

でも、大丈夫です。

先程も申しあげましたが、なんと死にはいたりませんので心配はいりません。

 

目次

なぜ患ってしまうのか?

まずですね、この病気は誰でも起こりうる可能性があるということをご承知おきください。しかし、予防はできます。ホントなってからでは遅いので、今回は皆様を救うべくこの場を借りてご忠告させて頂きます。

 

水分不足

この病気のメインシーズンは圧倒的に夏です。

何故ならば汗を大量にかいてしまう為、取り入れた水分を排出する為に普段腎臓で生成される尿の量が少なくなり、尿酸値が高くなります。つまり尿が濃くなります。そうなると石が造られやすくなるわけですね。

尿管結石経験者はサウナなどもってのほかですから!

 

塩分の過剰摂取や飲食物による原因

ビールに含まれるプリン体やほうれん草等に多く含まれるシュウ酸カルシウム、塩分の多い食べ物やカフェインなどは結石の原因物質です。

結石はシュウ酸カルシウムの塊であることが多い為、昔はカルシウムを多く取るのは良くないとされていたようですが、実は逆で、カルシウム不足であることにより体内でカルシウムを収集するこにより石が出来るというメカニズムなのである。つまり、カルシウムは普段から適度に摂取することが大切なのだそうだ。

 

ストレスや不摂生

 ストレスが直接の原因になるかどうかはわかりませんが、ストレスにより不規則な食生活や睡眠不足になっている場合は結石を作りやすい体内環境にさせてしまっております。

就寝前の食事は控えるようにして(約3時間は空けた方がよい)、睡眠時間もなるべく8時間は取れるようにした方がよいそうですね。

 

なぜ痛いの?

尿管結石はよく痛みの原因を勘違いされている方が多いのですが、結石がトゲトゲしているからといって尿管や尿道を通る際に傷つけていくから痛いって事ではありません。

 

腎臓で尿と一緒に造られた結石がまず尿管(腎臓と膀胱をつなぐ管)におりてきます。

そこから移動を始めるのですが、尿管には三ヶ所程やや狭くなっている部分があるのですね。(生理的狭窄部位)

ここに詰まる訳です。詰まるという事はつまり尿が膀胱に送られない訳ですから、その詰まってしまった箇所から上の部分が圧迫される訳です、やがて腎臓が腫れてしまい(水腎症)激痛が起こるというメカニズムなのです。

 

しかし、おもしろいことに(おもしろくはない)痛みで悶絶していると突然痛みが引くんですよ。すーーーっと。「あ、あれ?」って感じで2秒で何ともなくなるんですよね。

 

これは石が動いて尿管の尿が流れることによって一気に圧が下がるからなのです。

 

マジ天国モードです。

 

どのくらい痛いの?

言葉には言い表しづらいんですけど、例えるならば

 

“体の内側からでっけぇサバイバルナイフとかで刺し破られる感じ?”

 

ですかね。

そんなことされたことないけど。

 

一説によるとその痛みは出産にも勝ると言われております。

 

いや、それは女性にしか分からないので一概にはわかりませんけどねΣ(´д`)

 

とりあえず悶絶して部屋中を歩き回り、寝ても、座っても、立っても、ヘッドバンキングしても...この痛みからは逃れられないのです。

 

少しでも痛みを和らげる方法として、個人的には熱い湯船に浸かると言う方法がありますが、万人共通とは限らないですね。

 

 

とにかくパナイっす。

 

まとめ

僕が言えることは1つだけ。

 

とにかく毎日を飲もう。

 

しかも2リットル。

 

絶え間なく小水を作製しつづけることがこの病気にならないコツだと考えます。

 

大体5年に一度訪れるのですが、毎回その年だけ、「なんか大丈夫なのかなー」って警戒心が薄れて、あまり水分を取っていない時に悪魔がやって来る。

 

もう僕は…怠らない。

 

皆様もお気をつけ下さいまし。

 

 

おしまい。

 

管理人は痛い病気こんなのも経験してます(笑)

www.ohmiya-takuya.com