Refrain

リーマンブロガー大宮の勝手たる記事

【夫婦とは】データから読み取る結婚感【理想と現実】

この記事をシェアする

【スポンサード リンク】

夫婦とは、データから読み取る結婚感と理想と現実

f:id:oh-miyatakuya:20161022145055p:plain

出典:up.gc-img.net

結婚は幸せの代名詞か?

結婚は墓場だよ。

 

こんな言葉を耳にする事もありますが、皆さんどうでしょうか?

 

結婚されている方々はどうですか?

夫婦になるとやっぱり墓場ですか(笑)?

それとも結婚して夫婦になれて幸せですか?

家族っていいもんですか?

 

逆に独身の方々どうでしょうか?

いずれは結婚はしたいですか?

夫婦になったらお互い男と女でいられなさそうですか?

子供は好きじゃないからいらないですか?

独身貴族万歳ですか(笑)?

 

この論争に関してはネット社会の始まる以前から、ある時は職場の仕事終わりの居酒屋で、ある時は主婦の井戸端会議で、所構わず何年語り合っても答えのない議題の1つではないでしょうか。

  

今日はそこに1つ、ボクなりの答えを出していきたいと思います。

目次 2017年2月25日追記

 

まず以下のデータをご覧下さい。

 

結婚したいですか(年齢別)

f:id:oh-miyatakuya:20161021153048j:plain

■出典:マネーフォワードのWebサイト moneyforward.com/

これは独身男女約2万5千人から集めたアンケートですが、年齢を重ねる毎に結婚願望が男女共に薄れております。

 

女性に至っては60歳を超えた段階で希望者は0%という驚異的数字を叩いております。

 

色々と読取ることができるデータですが、ここで一番着目したいのは20代〜30代のデータで、ここでは男女共に半数以上の方に結婚願望が見て取れます。

潜在的な部分を考えると恐らくもう少し多いのではないかと思います。

 

何故かと言うと、この年代ではまだ結婚をする事においてのメリットが多くあるからではないでしょうか。

 

例えば…

『恋愛感情ありきの幸せな夫婦イメージがもてる』

『子供を作ることが可能である』

『ダブルインカムによる老後の貯蓄の加速』

『性行為の充実』等です。

 

40代でもまだ上記の事は不可能ではないですが、心理的に考えづらいと思い始める年代になるのでしょう。女性は出産におけるリスクも考えられますので特に慎重で現実的な考えをするかと思います。

 

50代になると更に身体的・物理的に実現することの難しさに拍車がかかり、感情を抜きにすると結婚することの上記メリットが大幅に少なくなると考えられます。

 

さて、次のデータです。

 

結婚したいですか?(結婚歴別)

f:id:oh-miyatakuya:20161021153104j:plain

■出典:マネーフォワードのWebサイト moneyforward.com/

結婚歴のない方とある方のデータです。

 

結婚をしたことのない方は約6割結婚願望ありですね。

どちらでもない方は、機会があれば結婚するのでしょうから、実質は8割以上が結婚に前向きであると考察できます。

 

しかし、結婚経験者はどうでしょう?

男女共に減少しております。

女性は特に大きな減少です。

 

つまりこれは、結婚に夢を抱かなくなり現実的な考えをするようになったことを意味しています。それはそれで悲しいですけどね…。

 

複数回やらかしている方はバツイチと特に変化はないですね〜。

おそらく気が付いたのでしょう、、、

 

自分に問題があると(笑)。

 

ではもう1つ。

パートナーを作るためにどのような行動をしているか?

f:id:oh-miyatakuya:20161021153140j:plain

■引用情報:マネーフォワードのWebサイト moneyforward.com/

いかがでしょうか?

 

男女ともに堂々たる1位をご覧下さい。

 

 

 

1位

何もしていない。

 

はい。

 

実に7割が偶発的自然発生する出会いのみに期待ということです。

日本の人口減少少子高齢化にはブーストがかかりました(笑)

 

でも、本当にそれでいいんですかねぇ?

世の中には男と女しかいないのに…なんでそんなに消極的な考えする社会になってしまったのでしょうか?

 

考察結果

データをご覧になって皆さんいかがですか?

 

僕ははこのように思いました。

 

一度は結婚してみたい、けども、出来ないならそれでいい。

 

上記のような方が70%

 

そして30%の方が

 

いや、結婚いいわ。ダルいし。

 

細かいこと分析しだすとキリがなさそうなので

今の日本はこんな感じなのでしょう。

 

 

これ、大丈夫っすか(笑)?

 

まとめ

 

自分、結婚してますけど、結婚って悪いもんじゃないですよ。

 

そりゃあ、1人でいたときよりもだいぶ自由は減ります。

飲みにも行きづらくなるし、趣味に時間を使いづらくもなるでしょう。(趣味ないけどね)

 

じゃあなにがいいのかって?

 

まず、責任感が生まれます。

自分一人じゃないという事は誰かを守る強さを兼ね備えなければならない。

これは自己の大きなレベルアップではないでしょうか?

 

次に、毎日寂しくないです。

一人暮らしの時はパートナー(彼女)がいてもいなくても、なんだか寂しい夜がありました。

 

でも一つ屋根の下で暮らす家族は違います...。

 

とここで一つポエムを。

 

家族

結婚をすると、家族になります。

家に帰ればそこにいる安心。

同棲生活ともちょっと違う感じ。

嫁が晩御飯の支度をしている。

子供が笑って、泣いて、眠ってる。

犬が大きなあくびをして寝転がっている。

それが我が家...ボクの家族。

            宮タク

 

はい、すいません。

 

でもそんな感じなのです。

 

家族の為にとは思わないけど、家族のおかげで頑張れてる自分がいるって毎日思ってます。

 

まぁ綺麗事かもしれませんけど、それが結婚するということのメリットなんじゃないでしょうか。

 

もしかすると、ボクは10代、20代後半位まで、結構自由に遊んでいたのでそれが逆に良かったのかもしれません。

 

いつまでも遊んでてもなーんにも生まれない、遊び続けて気が付いたら死ぬ時誰もいないってんじゃやっぱ寂しいでしょ。

 

ですから、やっぱり世の為というより自分自身の人生の為に、

 

ボクは結婚した方が良いと断言します。

 

例えばこんな瞬間どうですか。

寒い季節、冬は一家団欒でコタツほんわりは最高ですよね(*^_^*)

 

ボクは盆暮れに天ぷら揚げてもらってこたつで熱燗ちょびりとやってる時がMAXに幸せ感じる瞬間です(笑)

 一人だとコタツもちょっと寂しくないですか?

 

あったかいはあったかいけどね(笑)

 

おしまい。

 

※コタツに入る前にお父さんは足の臭い要注意!!!

www.ohmiya-takuya.com